33000005049

独立・起業を考えている人必見! 成功する人に共通する、10の法則

2018.04.10

33000005049

独立しても成功する人には、共通点があった! これまでに1万人近くを鑑定してきた占い師だけが知っている、「独立しても成功する人の、10の法則」を大公開。今は会社勤めをしていても、ゆくゆくは起業・独立を考えている方、必見です!

会社員として雇用されている時は、業務をきとんとこなしていれば、毎月決まったお給料が保障されています。ところが、独立や起業をしたらそうはいきません。営業も一から自分で開拓しなければなりませんし、会社が小さいうちは経理や採用、こまごまとしたことまで自分でやらないといけません。また、会社が大きくなって人を雇うようになったら、社員が路頭に迷うことがないよう、全ての責任を負って会社を経営していかねばなりません。

実は、独立や起業した人には、ある特徴があります。
そんな、独立・起業した後で成功する人に多い特徴を、「成功する人に共通する、10の法則」としてまとめてみました。
独立や起業を目指している方は、ご自身がいくつ当てはまっているかチェックしてみては?

<法則その1> 営業をしない

営業をしないとは、一切の営業活動をしないということではありません。独立してうまくいっている人は、営業すべき相手とそうでない相手を上手にかぎ分けています。
営業をしないとはすなわち、「営業をしてはいけない人」には、一切営業をしないという意味です。
これができない人は会社の売上を最優先にして、どこに行っても誰と会っても自分の会社の商品やサービスの営業に走ってしまいます。すると、「あの人が来るとすぐ営業を始めるから嫌だ…」と避けられてしまうようになり、袋小路に陥ります。また、成功する人は、こちらから営業をしなくても会話の中で、向こうの方から商品・サービスについて興味を持ってくれるよう、上手に言葉のキャッチボールをしています。押してダメなら引いてみろということで、「聞いて聞いて! 買って買って!」という積極的過ぎる姿勢は避けるといいですね。

<法則その2> 最初から断らない

何かをお願いされた時、「それは無理です」とすぐお断りしていたりしませんか? 独立すると、普段引き受けている仕事よりも難易度が高そうなものや、専門ではない仕事、それまでに経験したことのない仕事の依頼が来ることがあります。
独立しても成功する人は、そういう仕事を最初から無理だと断るようなことはしません。詳細までヒアリングして、どうしても受けられないということはあるかもしれませんが、できることなら「やれる方法」を考えようと努力します。
何でも最初から、無理、専門外と拒否せずにチャレンジする気持ちが大事ですね。

<法則その3> 人当たりがいい

あなたの会社に意地悪な人や、やけに態度が大きい社員はいますか? 会社勤めをしている時は態度や人当りが悪くても、仕事がこなくなるようなことはありませんが(あったらパワハラ)、独立して人当たりが悪いと、仕事は確実に来なくなります。
そう、人当たりの良さは独立するのにとても大事な要素なのです。独立しても成功する人は、こちらが応援したくなるような親しみやすさや優しさがあります。特に年上の方々に好いてもらえるような人当たりの良さはとても重要です。成功している大企業の経営者で、「ジジ殺し」と呼ばれている方を挙げたら、枚挙にいとまがありません。良い印象を与える笑顔で信頼を勝ち取りましょう!

10112000489_compressed

<法則その4> 断り上手

本当は受けたくない頼まれ事を、「断れない性格だから…」「ちょっと断りにくい…」という理由だけで、何でもかんでも受けてしまうと、途中からうまく回らなくなり、最終的に周囲に迷惑をかけることになったりします。
独立しても成功する人は、受けない方がいい仕事を上手に選別し、極力当たり障りのない方法でお断りすることができます。よく使われるのが、ブラックジャック方式と呼ばれる断り方で、わざと相場よりかなり高めの見積もりを先方に提示して、相手から断ってくるようにするテクニックです。
「断れない性格で…」という方はぜひやってみてください。「それでもぜひお願いしたい!」と先方が言ってきてくれたら、それはもうラッキーですしね。

<法則その5> 下から目線

人を見下したような言動をする人を「上から目線の人」と言いますが、上から目線の人を好きな人はあまりいないでしょう。一緒にいるとバカにされているような気持ちになるからです。上から目線でも取り巻きがいる人というのは、表面上は慕われているようでも、心底慕われてはいません。
一方、独立しても成功する人は、下から人を見上げるように腰の低い人が多いです。③の「人当たりがいい」にも共通することですが、こういう人は一緒にいると人に安心感を与えられるので好かれやすいのです。一方、態度の大きい上から目線の人は徐々に人から敬遠され、仕事は先細っていく運命にあります。ぜひぜひ、どんな方にも敬意を持ち、下から目線で接してみてください。世界が変わってきます。

<法則その6> 「これだけは人に負けない」能力が、1つある

自分は平凡な人間で得意なことが何もないという人はいますか? 私はそんなことはあり得ないと思っています。誰にでもほかの人に負けない才能が、一つや二つあるはずなのです。ただそれをまだ見つけられていないか、見つけていても磨ききれていないだけだと思うのです。
独立しても成功する人は、これだけは人に負けない!という自分の才能・特殊能力に早く気が付き、その才能がより素晴らしいものになるように日々、努力しています。人はそういう人間に魅せられ、応援したくなります。独立してうまくいくためには、周囲からの応援が必要不可欠です。
あなたの「これだけは人に負けない!」というものは何ですか?

10169001825_compressed

<法則その7> 自分を卑下しない

会社を辞めて独立する時には、周辺の人から「起業してもそんな簡単にはうまくいかない」といった余計なアドバイスをもらったりします。そして独立後、なかなか事業が軌道に乗らなかったりすると、弱い人は自信を失い「やっぱり自分なんてダメだ…」と自らを卑下しそうになります。
一方で独立しても成功する人は、そんな状況にあっても、自分で自分を鼓舞し、自信満々でいることができます。自らを信じると書いて「自信」。自信をなくして自分を卑下するようでは独立なんかできませんし、誰もついていきません。自信を持っていきましょう。

<法則その8> KYではなくAKY

「KY」とは一昔前に流行った「空気が読めない」の略です。その場の雰囲気を汲むことができず、自己チューな発言や行動をする人の事を指します。
一方、「AKY」とは「(A)敢えて・(K)空気を・(Y)読まない」の略です。
独立しても成功する人の中には、この「AKY」な人が結構います。空気を読み状況を理解した上で、敢えてトンデモ発言をしてその場を乗り切ったり、雰囲気を和ませたりするのです。これは先を読む力が必要とされるかなり高度なテクニックですが、取得しているととても事を運びやすくなります。売れっ子お笑い芸人などは「AKY」を駆使していったりするので、TVなどで勉強してみてもいいですね。

<法則その9> 勉強家、努力家

独立しても成功する人は、常に自分に不足しているものは何かと考え、足りない部分を補うための勉強(読書・講習・OJT・情報収集など)を怠りません。たゆまぬ努力ができるのです。しかもそれを、「自分は努力をしている」とは思っておらず、「当然のこと」としてできるのです。そういう人はどんどん成長し、自身の幅を広げていくので、それに伴い会社の規模も大きくなっていきます。自分の成長を楽しみながら、積極的に色々なことに取り組んでいきましょう。

10826000732

<法則その10> 体力がある

あなたは体力に自信はありますか? 何もトライアスロンを完走するような強靭な肉体が必要というわけではないのですが、独立しても成功する人は、きまって体力があります。また、すぐ疲れたり体調を崩しやすかったりすると仕事にならないため、普段から健康管理にも気を付けています。風邪で仕事に穴をあけてしまうと信用問題にかかわります。独立を考えているのであれば、体力作りと健康管理はしっかりしましょう。

以上、「独立しても成功する人の、10の法則」をお届けしました。
占い師の私がたくさんの成功している経営者を見ていつも感じるのは、うまくいく人というのは一言で言うと、「人に紹介したくなる人」なのかもしれないということでした。
「人に紹介したくなる人」というのは、そこにいるだけで魅力がある人です。どんな魅力かは人によって様々ですが、人が紹介したくなる人は、まるで「わらしべ長者」のようにどんどん紹介の輪が広がり、仕事が増えて会社も大きくなっていくような気がします。
独立・起業をお考えの方はぜひぜひ10の法則に限らず、「人に紹介したい」と思わせる人になってください。

10309000926_compressed

いけのり
1980年生まれ。占い師。占い以外にもコラム連載なども。手相、人相学、パワーストーン占いを専門に活動している。占いを通して得た相談を基にし、現在、『楽天銀行 美人のマネ活』『いけのり通信』などでコラムを連載中。座右の銘は「人生一度」。最新著書は、「YouもMeも宇宙人」(地湧社)。

このトピックスをみんなとシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加
33000005049

この記事が気に入ったら

Work Switchの最新情報をお届け



Follow on twitter