はたらき方の可能性を
拡げるメディア

イベント

【イベントリポート ワークスイッチナイト #04】”もし正社員雇用が無くなったら……” 2030年の人材開発と向き合った

2019.07.02

IMG_1335

価値観の多様化や、人材の流動化が進む日本で、「人材開発」は企業・個人にとって最重要課題の1つです。社員の育成を考える上でも、自身の今後のキャリアを考える上でも、「こうあってほしい」「こうありたい」という理想の人材像があるのではないでしょうか。

そこで今回のワークスイッチナイトでは、人材開発に精通した4名の話題提供者をお招きし、「人材開発ってこうあったらいいな!」というオモテの話と、「現在取り組んでいるものの苦労している……」というウラの話をしていただきました。参加者全員で取り組むグループワークも開催。とても盛り上がりました。

☆ワークスイッチナイトって?
いま「働き方改革」に代表されるように、従来の価値観が変わり、個人のあり方が大きく転換する真っただ中にあります。本イベントは、「スイッチ」した後の新しい社会、企業、個人のあり方をどう描いていくのか?を題材に、毎回テーマを設け、ゲストによる話題提供をきっかけに、参加者同士が本音で対話し、交流する機会を持ちます。

企業の枠を超えた一個人として。全員がスイッチオフにして参加!

第4回目となるワークスイッチナイト、今回の司会は、ワークスイッチコンサルティングで採用コンサルタントを担う中山はるなと、早田弥生がつとめました。
②司会
▲左:早田弥生、右:中山はるな

2人は出身中学校が隣同士、同期ということもあり、息ぴったりの進行で会場を盛り上げます。

「人材開発のゴールは、自分の強みを生かしながら1つの目標に向かって勝ち続けること」(話題提供者・日比谷さん)

萩原さん写真
▲株式会社ネオマーケティング 萩原健太さん

話題提供いただくトップバッターは、株式会社ネオマーケティングの萩原健太さん 。新人の育成をOJTに任せてしまい、成長がバラバラになってしまったウラの話から始まります。「育成モデルをイメージせずに、若手をメインにしたチームに新人育成を任せる。新人が信頼できると思える人間を増やすこと、自分1人で悩まない世界観を作り出すことが重要」とのこと。「人を育てるのは能力じゃない。仕事を好きなやつにしか夢を与えることはできない。」萩原さんの人材開発に対する熱い思いが伝わってきます。

④出濱さん
▲パーソルホールディングス株式会社 出濱義人さん

続いては、パーソルホールディングス株式会社の出濱義人さんです。出濱さんは、成果を出しているが、なぜか満たされない日々を送るビジネスパーソンの多さを踏まえ、「ありのまま生きることを会社でやっていくことが大事」と話してくださいました。現在は、「それぞれの『生きる』につながる機会提供がしたい」と、地方を舞台にワークショップを開催されています。ウラの話としては、「効果あるの?」というキラーワードには困ってしまうとか・・・(汗)。人材開発のような定量化しづらいものを説得することは確かに大変ですよね。

⑤穂積さん
▲株式会社ディーバ 穂積千尋さん

続いては、株式会社ディーバの穂積千尋さんです。穂積さんの経験談は、「そもそも業績データすら揃っていない現場が多い!」とウラの話(しかもリアル!)から始まります。 「ハイパフォーマーの要件定義が曖昧で、同じ因子を持つ人材を採用することは困難」というお話には、参加者の皆さんも共感のご様子。「スキルや資質だけでなく、環境・一緒に働く人など、いろいろなところを複合的に見る必要がある。」現場や管理職が、その時必要な人材を的確に把握することの必要性を説いてくださいました。

hibiyasan
▲株式会社パーソル総合研究所 日比谷勉さん

最後を飾るのは、株式会社パーソル総合研究所の日比谷勉さんです。「会社の求めるハイパフォーマーに向けて教育することは人材育成で、もともとその人が持っている強みを生かして活躍させることが人材開発だ」というお話が印象的でした。日比谷さんは日本マクドナルド株式会社の採用責任者として多くの人材と向き合ってこられた経験から、日本は同じような人材を育成するだけで、ダイバーシティから離れているという課題意識をお持ちでした。「人材開発のゴールは、自分の強みを生かしながら1つの目標に向かって勝ち続けること」とさらなる向上を目指します。

グループワーク「人材開発で変わりゆくもの、変わらないもの」

IMG_1336

続いて、参加者のみなさんにグループワークに取り組んでいただきました。お題は「人材開発で変わりゆくもの、変わらないもの」。テーブルごとにチームを組み、ポストイットを用いて話し合います。

ワーク
▲中には全員が立ち上がって議論するチームも……!

IMG_1337

【共有されたアウトプット】
・変わりゆくもの「正社員という雇用形態が無くなる」「定型業務はAIが代替する」
・変わらないもの「人間らしさ」「気配り」
などが挙げられました。

現在はあまり注目されていないような課題が10年後にはトレンドになっているかも……?

今日のこの場の「繋がり」をどうか大切に、これからも仲間として

ワークショップのあとは交流タイムです。みなさんが会社の枠を超え、1人のビジネスパーソンとして交流されている様子が印象的でした。

IMG_1339

【参加者の感想】
・人材開発に取り組む方から本音(ウラ)の話を伺えたのがとても有意義でした。
・年齢も職種もバラバラな方々と話し合う機会が持てて面白かったです。

今回の「ワークスイッチナイト#04『人材開発』」では、ウラの話を通じて、参加者の方々が似た悩みを抱えていることを発見することができました。また、未来の人材開発を想像することで、社員や自分のキャリアと向き合うヒントを得られたのではないでしょうか。

IMG_1338

ワークスイッチナイト#05は「ダイバーシティ」がテーマです!

次回5回目となるワークスイッチナイトは、2019年9月12日(木)に渋谷のBOOK LAB TOKYOで開催予定です。テーマは「ダイバーシティ」!近日中にPeatix上でお申し込みを開始しますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

・ワークスイッチナイトのPeatixページはこちら
・WorkSwitchのFacebookページはこちら

・取材/文:吉村日和、撮影:久保慶子、小島凌

この記事をシェアする

RANKING

注目のキーワード